ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

WORKSHOP

みんなでつくるワークショップ

舟大工の工房をものづくり拠点へ。KILTA神戸、開幕。

1,000円(昼食代)

昼食はご用意します。

日時 10月20日(土)10:00-15:00

・「KILTA神戸」のプログラム説明会
・外壁をヌリヌリ!ペイント体験
・マルナカ工作所ツアー
場所 〒652-0822 兵庫県神戸市兵庫区西出町1-2-8

地図:https://goo.gl/maps/Fovh78bHRV92

アクセス
・東海道本線「神戸駅」から徒歩15分
集合 直接現地
定員 15名程度
持物 ・ペイントや木くずのついても良い服装

*現地着替え可。

家具

いまから約150年前に開港した神戸港。西洋の木工技術が持ち込まれ、港の周辺には多くの舟工房などの集落が栄えていきました。時代は流れ、次第に後継者不足や職人の高齢化により木工所の閉鎖が相次ぐなか、兵庫県西出町にある舟大工工房「マルナカ工作所」も2017年に60年の歴史に幕を閉じることになりました。

 

「マルナカ工作所」が廃業を迎えるとき、神戸ならではの歴史・文化を途絶えさせず、「場」を地域の人々や次の世代につなぎたいと立ち上がった人が、今回のともにつくるワークショップの主催者であるヤマサキ マサオさんです。

 

ヤマサキさんはいいます。「マルナカ工作所には、家具がつくれる木工機械が一通りあり、今では手に入らないレトロな工具もたくさんありました。神戸には港町として知られながらも、六甲山という豊かな森林資源もあるんです。海と山をつなげ、ものづくりの好きな人たちが集える場所にしたい。それが最初におもったことでした。」

 

想いを形にする一歩目は、キャンプファイヤーを使ったクラウドファンディング。2017年の春。118人の支援者を得て、新たな一歩を踏みだした「マルナカ工作所」では、これまで六甲山の間伐材を使ったものづくりWSや、古材市など、様々な挑戦をしてきました。

 

そんななか、次なるステップをスタートすることになりました。暮らしをつくる人を全国にふやすべく、「職人未満・素人以上」のセミプロインストラクーの育成や、まちにひらかれた会員制シェア工房プログラムを提供する一般財団法人KILTA(キルタ)の神戸拠点として、当初から描いていた地域でのDIYによる家づくりやお店づくりの仕組み化を行っていきます。

 

今回は、誰かのために、つくる力を仕事として活かす「DIT(Do it together)インストラクター認定講座」や、自分のためにものづくりを楽しめる会員制シェア工房プログラムなど、「KILTA神戸」で体験できる様々なプログラムについて説明会、みんなで楽しく外壁をヌリヌリするペイントワークショップ、マルナカ工作所内の見学ツアーの3本立てでお送りします。

 

ぜひ、遊びにいらしてください。心より、お待ちしております。


主催:KILTA神戸(運営:シェアウッズ) ヤマサキ マサオ ✕ KUMIKI PROJECT

POINT

ものづくりの工房
KILTA(キルタ)って?

ボーダ

キルタとは、フィンランド語で、つくる人たちのつながりという意味。もともとは横浜で1つのものづくり工房の名前としてはじまりました。「暮らしを自分でつくれる人をふやす」を目的に、2018年1月に、一般財団法人化。現在は、横浜を第一号拠点として、埼玉、秋田、京都、神奈川など少しずつ拠点が増えています。ものづくりの一歩目を楽しみながらふみだせるワークショップをはじめ、財団の会員になることで自由に使えるシェア工房。そして、つくる力を活かし、DIYのサポートなどを行うインストラクター認定講座などに取り組んでいます。ものづくりの楽しみと、ライフスタイルにあわせた多様な仕事を地域に増やす活動を、全国で拡げる財団です。

ペイント体験ワークショップと工作所ツアーを開催!

ボーダ

説明会だけはつまらない!せっかくなので、港町神戸の歴史を感じることのできる舟工房としてのこれまでや、工房内ツアー、外壁を塗ってみるペイント体験ワークショップを開催します。ペイント体験ワークショップでは、ペイントの際に使う道具や塗り方のコツなど、初心者の方を対象に丁寧に1つずつ。実際に塗るのは工房の外の壁ですが、塗料そのものや、下地(したじ)など、ペイントのイロハをお伝えします。

「マルナカ工作所」ってどんな場所?

ボーダ

マルナカ工作所は、「森と港をつなぐ、ものづくり基地」。建築家や家具職人など木のプロに出会うことができ、技や知識が学べる。六甲山の木を使ったものづくりができる。六甲山の木材をはじめ、廃工場などから救出した古材を調達できる。そんな「木を愛する人たちが木と本気で向き合えるコミュニティになっています。港町・神戸の兵庫津で、60 年の歴史を持つ船大工の工房を継承し、製材から加工、ストック、デザイン、販売に至るまで森林と地域の資源や技を存分に活用できる機能を備えた、新たなクリエイティブの拠点です。

一覧に戻る
  • 前へ
  • 次へ
PAGE TOP