ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

WORKSHOP

みんなでつくるワークショップ

DIYがっこう「床はりクラス」京都。一期生募集開始。

50,000円(税別)

講座で使う材料等込み。

日時 3月30日(土)-31日(日)10-15時
10-12時(1コマ目):準備を知る
13-15時(2コマ目):道具を知る
10-12時(3コマ目):動作を知る
13-15時(4コマ目):仕上を知る

*2日間連続の講座となります。
*すべて出席できる人のみ対象。
場所 住所:〒612-8083 京都市伏見区京町6-70-1
地図:https://goo.gl/maps/VBbhwxF8giF2
交通:近鉄京都線「丹波橋駅」徒歩4分
集合 09:50直接現地
定員 6名(最少催行人数3名)

*応募者多数の場合10日前に抽選にて決定>
*最少催行人数に満たない場合は中止。

<キャンセル規定>
開催10日以降のキャンセルは50%返金となります。
あらかじめご了承ください。
持物 汚れてもいい服・靴
筆記用具
昼食

※着替えスペース有り

家具

自分のほしい空間を、自分でつくれる人を一人でも増やしたい。

 

そんな想いから、KUMIKI PROJECTは、初心者向けにDIYでの空間づくりを学ぶスクール「DIYがっこう」を始めることになりました。テーマは「つかう人から、つくれる人へ」。

 

実は「DIYがっこう」のはじまりは5年前にさかのぼります。当時は、自分のほしい家具をつくる場として東京・早稲田で2年間開講していました。(2016年12月に終了)。実際に通っていただく受講生からは、家具だけではなく、ペイントをしたり、床を貼ったりと、「好きな空間を自分の両手でつくれるようになりたい」という意見も多くありましたが、場所が狭く、なかなか講座をつくれませんでした。閉校してから3年の充電期間を経て、プログラム新たに「空間づくり」を学べる講座として、いま、はじまります。

DIYに挑戦しようと思ったとき、こんな悩みを感じたことはありませんか?

 

例えば、「材料がわからない」「工具の使い方がわからない。」「作り方がわからない」。確かにインターネットや雑誌には、DIY のレシピは溢れています。でも、「いろいろ調べれば調べるほど、どれがベストだかわからなくなる。工具だって種類がいっぱい。気がついたら、調べ疲れて、やる気を失っている。」

 

そんな真のDIY初心者のあなたにこそ、きてほしいのが「DIYがっこう」です。未経験者のみを対象に「初歩の初歩」からゆっくり、少しずつ、丁寧に教えていきます。

 

全2日間。合計4コマ(8時間)の講座が終わるとき、床材の選び方から仕上げ方まで、一通りの知識と技術を知ったあなたになれるはず。

 

例えば、賃貸だけど、床を変えられないかと思っている人。購入したマンションの床をはり直したい人。持ち家や放置された空き家を改修したい人。新しくお店をはじめるためにDIYを学びたい人。

 

空間にまつわる「こう変えられたいいな」を自分で実現できるための「DIYがっこう」。今回は、京都で開校です。ぜひ、お越しください。


主催:KUMIKI PROJECT
共催:成宮工務店、R-village
執筆:中﨑 史菜

POINT

「基本のキ」を学べる1〜2コマ。準備と道具を知る

ボーダ

1日目は「準備編」と「道具編」の2コマを実施。床にはどんな種類があるの?床はりができる条件って?材料はどれだけ必要なの?という疑問を解消する「準備編」。杉やヒノキといった柔らかい素材とクリやタモなどの硬い素材があること、コンクリートの床には床はりができないことなどDIY前に知っておくべきことを学べます。最低限揃えておきたい道具のことや事故を未然に防ぐ道具の使い方を知れる「道具編」では実際に道具を使ってものづくりにもチャレンジしていただきます。

基本的な床はりの「動作」をマスターする3コマ目。

ボーダ

2日目の最初は「動作編」。床を張ったらドアが開かなくなっちゃった!なんてことを防ぐため、床とドアの干渉についてチェックします。そして「測る」「線をかく」「切る」「やする」方法を学んで木材を準備したら、「ボンドをつける」「たたいてはめる」「ビスをうつ」の3ステップで床はりを進めていきます。しっかり実践の時間をとるので、できるようになるまで自分の手を動かすことができますよ。

端の処理など美しく仕上げるコツを学べる4コマ目。

ボーダ

せっかく床を張るなら、美しく仕上げたいもの。床板と床板の間にできてしまう隙間を埋めるワザや、蜜蝋ワックスの綺麗な塗り方、自然塗料で風合いをだすコツなど、より居心地の良くするためのポイントを学びます。同じ材料や道具を使っても、コツをつかんでいるのといないのとでは全く違う仕上がりになるんです。質疑応答の時間もあるので、インストラクターからワザを盗む大チャンス!

一覧に戻る
  • 前へ
  • 次へ
PAGE TOP