ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

WORKSHOP

みんなでつくるワークショップ

親子参加OKの平日イベント
つくって遊ぼう木のオモチャ

¥2,000/個

ペイント・ウッドバーニング(焼付)込み

日時 2/13(月)11-13時
2/14(火)11-13時
2/20(月)11-13時 満席
2/21(火)11-13時
場所 KUMIKI WASEDA
新宿区早稲田町72番地
集合 5分前に直接現地にお越しください。
定員 4名/回
*小学生以下のお子様は保護者が一緒ならOK
持物 ・汚れても良い服装
*塗料や木くずが服につくことがあります。

家具

「ビュ、ビュ〜ン。」

 

輪ゴムの力で勢いよく走る小さな木のくるま。後ろには楽しそうにはしゃぐこどもたち。去年に都内のいくつかの百貨店やDIYショップで開催されたワークショップの光景です。こどもたちが楽しそうに走らせているのは「kinocca(キノッカ)」と名づけられた温かみのある木製おもちゃ。今回はこの「kinocca(キノッカ)」をつくるものづくりワークショップのご紹介です。

 

ワークショップは、少しずつ違う3つの形の車から、お気に入りの1つを選ぶところから始まります。選んだクルマに、かなづちを使って「トントンッ」と車輪をつけてあげて。「もうちょっと可愛くしてあげようか」と親子で話しながら、色を塗ったり。自分だけのキノッカをつくりあげることができるのも醍醐味の1つ。

 

しかも、このキノッカ。同じものが1つもないんです。オーダー木製品の製作・木工ワークショップを開催する「&kidea(アンド キデア)」の代表である白濱匠太郎(しらはましょうたろう)さんが、ひとつひとつ丁寧に形を切り出し、溝をほり、ハンドメイドで準備をしてきたもの。

 

白濱さんはいいます。

 

「東北の厳しい自然のなかできめ細やかに育った国産の杉を使っています。木の香り、やわらかな肌触りを楽しみながら、ワークショップでは自由な発想でペイントしたり、ちょっぴり難しい組み立てに挑戦できたりなど、子どもたちの感覚を養うポイントを盛り込んでいるんです。」

 

つくったあとは、友達と、家族で、輪ゴムにはめてビューンを走らせて遊ぶなど、「知育玩具」としても活躍してくれるオモチャ。ワークショップでは危険な道具は使わず、金槌で木を叩くくらいなので、小さなお子様でも安心して楽しめます。ぜひ、この機会に親子で遊びにいらしてくださいね。

 


主催:&kidea.(アンドキデア)白濱匠太郎
共催:KUMIKI PROJECT

POINT

オモチャに、インテリアに。
カワイイ知育玩具です。

ボーダ

3種類のクルマの形からお気に入りの1つをピックアップ。こども向けのものづくりWSだと、つくるときは楽しいけれど、家に持ち帰るとモノがどんどん増えちゃっって大変!なんて心配もあるかも知れません。でも、この「kinocca(キノッカ)」なら大丈夫。手のひらサイズだから、つくって遊んだあとも邪魔になりません。置いておくだけで可愛いインテリアにも!

輪ゴムにつけて走らせて。
作ったあとも長く遊べます

ボーダ

シンプルだから楽しい「kinocca(キノッカ)」。専用のシューターに輪ゴムをセットして手をはなすと、ビュ〜ンと走っていきます。後からペイントもできるので、ちょっと気分転換にご家庭に持ち帰ったあとにもクルマに色をつけてみたり。いろいろな遊び方を楽しめる1品です。

ものづくり初心者も安心。
優しく丁寧に教えます

ボーダ

1989年静岡生まれの白濱さん。ホームセンターなどで工具の実演販売やワークショップを年100回以上開催したのち、DIY専門店「DIY FACTORY OSAKA」のオープンと共に店長に。その後は二子玉川にある「DIY FACTORY FUTAKOTAMAGAWA」で、ワークショップ講師のトレーニングを担当したのち独立されました。今は木工や溶接など、電動工具を使ったDIYに関する知識やノウハウを活かしたワークショップを多数企画されています。

一覧に戻る
  • 前へ
  • 次へ
PAGE TOP