ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

PROJECTS

みんなでともにつくるプロジェクト

合板でシンプルにまとめる
自然テイストなサロン空間

無料

日時 4月30日|10:00〜15:00|木工造作

※新型コロナウイルス感染対策として、今までのWSと参加方法を変更しています。1)参加人数の縮小、2)時間の短縮、3)飛沫感染のリスクが高まる参加者全員での昼食タイムの中止。

※新型コロナウイルスの感染状況によって、日程が変更となることがあります。その場合、参加者には別途ご連絡いたします。
場所 住所:東京都渋谷区富ヶ谷1丁目44−8 高橋ビル501
地図:https://goo.gl/maps/mQVh3dtEgBt
電車:東京メトロ千代田線「代々木公園駅」 徒歩1分
電車:小田急線「代々木八幡駅」徒歩3分
集合 現地に直接
定員 5名程度
持物 ・木くず、ペンキのついても良い服装
・室内履きor厚手の靴下
・マスク
*現地着替え可

オフィス

代々木公園駅から歩いて1分、オフィスビルの5F。そこにある木の床が心地のいい一室は、2018年のDITワークショップでともにつくった空間。国産の杉材をふんだんにつかっています。

 

運営するのは、広告代理事業を主な仕事とする株式会社Vagabonds。この「Vagabonds」というコトバには、「放浪者」という意味があるそう。

 

「この日本で、もっと自由にいきるヒトを増やしたい。それが人生のミッションだと感じています。決められた毎日からちょっと外れたっていい。もっとバカなことしたっていいじゃん!という気持ちがあるんですよね。現状から抜け出したい。何かを変えたい。そんな想いを持っても1人ではなかなか一歩が踏み出せないヒトも少なくないと思うんです。そんなヒトの一歩を支えられる場所になったらいいなぁと思っています。」

 

代表の田村友一さんの、そんな想いが込められたこの場所は、これまでに様々な人々が集い、活用されてきました。最近では、さらにもう一歩踏み出して、ロシアの医学で開発された健康を測定する機器「メタトロン」に力を入れるように。

 

今回のWSでは、その機器など無機質なものをできるだけ隠せるような収納を中心に造作。簡単に片付けられるように考えられたパーテーションもつくります。自然素材で区切られた席を2つ設け、リラックスしてメタトロンの施術を受けられる空間に進化する予定です!

 

主催:Vagabonds ✕ KUMIKI PROJECT

執筆:鈴木愛

 

*WSはKUMIKIPROJECTが定める「コロナウイルス感染症対策独自ガイドライン」に沿って実施しました。




【WSの様子】



遠い国から海を渡ってやってきた、古い大きなテーブル。天板を思い切って真っ二つにカット!



新たなアイアンの脚をビス留め。今までついていた脚も活かして、使い勝手の良い大きさのテーブル2台に生まれ変わりました!



家具も造作。この空間にぴったり合った収納に!



余り材を使ったプランターカバー。たまたま買い物に行ったホームセンターに売っていた麻袋を追加したことで、さらに良い雰囲気に。



合板でつくるパーテーション!ビスを一本も使わず、5枚の合板に、木製パーツをはめ込むだけで、グラつかず自立。

部屋を広く使いたい時には、板とパーツに分解してスマートに片付けることもできます。

木で空間が仕切れるのでナチュラルな空間となるだけでなく、使い勝手も良い優れものとなりました◎

POINT

隠せるものは隠す!
素材感をあわせた家具造作

ボーダ

隠せるものは隠し、素材感をあわせて空間を再構築するミニマムリノベ。

使用頻度の低いもの・機材などの無機質なものを隠せるような収納(最上部の写真)や、木の板でできたパーテーション(上の写真)などをつくり、合板を軸に自然素材の空間に仕上げます。

また、端材でつくるプランターカバーには、「コンクリートペイント」という塗料を使います。塗るだけでコンクリートっぽい雰囲気に大変身!マスターすればお家でもつくれます◎

電動工具でビス打ち!
アイアン脚のテーブル

ボーダ

今回WSで使うアイアン脚はこの場所に合わせた特注品なので、サイズもぴったり。本格電動工具を使って、木の天板にビス打ちで固定します!

電動工具でのビス打ちをマスターしたら、ご家庭で組立て式の家具をつくる時にも大活躍間違いなしです。

インストラクターの指導がありますので、初心者の方も安心してご参加いただけます◎

やっぱり「ヒトが集まる場所をつくりたい」でした。

ボーダ

2児のパパである代表の田村友一さん。

大学卒業後、「ヒトが集まる場所をつくりたい!」との想いで、飲食店で1年間働くも、あんまり変化を感じられなかったそう。そんなときに、友達から「経営者にいっぱい会ったほうがいいよ!」ということで、3年間限定でリクルートグループで働きます。

その後はIT。そんなこんなで30歳になったとき、やりたいことをすっかり忘れて働いていることに気づいたことから、少しずつ、働き方、生き方を変えてみた!そんな紆余曲折話も聞きながら、楽しくDITしましょう!

購入・寄付でサポートする

s
一覧に戻る
  • 前へ
  • 次へ
PAGE TOP