ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

PROJECTS

みんなでともにつくるプロジェクト

これからの生き方を創る旅。京都の里山で学ぶ2日間

19,000円(税込/人)

宿泊費&朝・夕食事込。

日時 11/28(土)
8:30 JR二条駅西口からバスで京北へ
9:45 丸太の競り市体験、製材体験、カンナ体験
12:30 美山茅葺きの里でランチ
14:00 ログハウスに関するレクチャー

11/29(日)
9:00- 研修施設をみんなでリノベーション体験
17:00- JR二条駅西口解散
場所 集合:JR二条駅西口
宿泊:〒601-0533 京都市右京区京北下中町鳥谷2
   あうる京北(京都府立ゼミナールハウス)
地図:https://g.page/AWL-Keihoku?share
集合 8:30 JR線「二条駅」西口
*お車の場合:9:45までにアウル京北「原っぱ」までおこしください。
定員 20名
持ち物 ・木くず、ペイントがついても良い服装
・室内靴か厚手の靴下があると◎
・その他、宿泊に必要なもの

公共施設

森の恵みに触れ、自らの手で活かす。

地域の材を暮らしに取り入れる。

デジタルの力を融合して可能性をひろげる。

 

そんな「森の恵みを楽しみ・活かす知恵」を学べる2日間のプログラムが、京都市右京区京北の里山で行われることになりました。

 

「京北」は京都駅から1時間と少しでいける自然豊かな里山。今回のツアープログラムは、この京北を拠点に、地域の紡がれてきた知恵を「Local wisdom(ローカルウィズダム)」として編集して届けていくために、様々な里山環境を活用した学びのプログラムを手掛けるROOTSという会社が立ち上げる「LOGINプロジェクト」の最初の一歩として行われます。

 

「LOGINブロジェクト」とは、里山の環境を活用し、木材産地のことや素材の力を知ってもらい、DIY で山や森を元気にすることを目指す取組。

 

いま、新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで、都市から郊外への移住や複数の拠点を持とうとする人々が増えています。例えば、豊かな自然環境やその環境のなかで暮らしてきた人々、その知恵や在り方に触れることは、豊かな暮らし方や生き方を考えるときにとても大きなヒントや問いに出逢えると思います。だからこそ、今回は、京北の森林や木材加工現場での体験をはじめ、地域の人と知り合い、交流するプログラムを考えました。

 

林業の意義や木材加工について知る1日目。参加者と地域の方々がともに手を動かして造作家具などをDIYすることで、暮らしへの取り入れ方を体感できる2日目。

 

なお2日目は、プログラム参加者の宿泊場所にもなっている京都府の研修宿泊施設「あうる京北」を舞台に、研修棟の1つをリモートワークの拠点に変えるべく、地元材を使ったワークテーブルやハイカウンター、ブレストのしやすいテーブルなど家具を中心としたDIT(Do it together=一緒につくる)ワークショップを実施します。

 

DIYで木材を暮らしに取り入れる方法を知っていただいたり、Shop Bot(ショップボット)と呼ばれるデジタル加工機で加工されたブレストテーブルを組み立てながら、テクノロジーで誰でもほしい家具をつくれる可能性を体感いただいたりと、単にみんなで空間づくりを楽しむだけではない時間にしたいと思っています。

 

これからの暮らし方を模索している方、新たな生活拠点を探している方、自らの生きる力を高めたい方、DIYの技術を習得したい方などにぜひご参加いただきたい、2日間のプログラムです。


主催:株式会社ROOTS、あうる京北(京都府立ゼミナールハウス)、KUMIKI PROJECT株式会社
執筆:中﨑史菜

POINT

テクノロジーとの融合で
広がる可能性

ボーダ

ともにつくるワークショップでは、「デジタルの力」をご紹介。Shop Bot(ショップボット)と呼ばれるデジタル加工機を使ってあらかじめ加工されたテーブルを組み立てていきます。このShop Botはデザインデータを入力すれば、手作業では難しい細かい部分もデータ通りに切り抜いてくれる機械なのですが、最大の特徴はPC1つあれば使えること。それがどんな意味と可能性にあふれているのか、今回は設計した画像の「ブレスト(ブレインストーミング)テーブル」を組み立てながら考えてみたいと思っています。

アーティストの手で
生かされる京北杉

ボーダ

ワークショップでは、フランス人アーティストの手によって作られたベンチや地元の作家さんが制作したハイスツールも登場します。京北の杉材をアーティストやプロだったら、どんなふうに活かせるのか。豊かな森の恵みを暮らしに取り入れる方法として、京北の杉板材とアイアン素材の脚をビスでうってつくる大型のワークテーブルDIYに挑戦いただくほかにも、こうしたプロのつくる制作物もご覧いただき、暮らしをつくる楽しさと可能性を存分に感じてもらえたら嬉しいです。

京都の里山での
新たな挑戦

ボーダ

日本の農業を応援したいとき、私たちは食べ物の産地にこだわったり、作り手が見える食品を購入したりします。では、「林業」を応援したいときはどうしたら良いのでしょうか。農業と同じように木材の産地のことや品質のことを理解する人を増やして、山や森を元気にしていくこと。今回のLOGINプロジェクトでは、そんなことを目指しています。楽しみながら学びになる、そんな里山を活かした学びのツアープログラム。ぜひ、みなさんの参加を心よりお待ちしております。

購入・寄付でサポートする

s
一覧に戻る
  • 前へ
PAGE TOP