ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

PROJECTS

みんなでともにつくるプロジェクト

豊かな暮らしのために。対話がかさなる空間をつくろう

無料

現地までの交通費:実費

日時 1月14日(金)
午前:床はりタイルによる床はり
午後:木工造作、漆喰ぬり

1月15日(土)
午前:木工造作、漆喰ぬり
午後:家具組み立てと設置

1月16日(日)
午前:カウンター机作り、家具組立
午後:ペイント等の仕上げ

全日程2部制
・午前:09:30-12:30
・午後:13:30-16:30

*新型コロナウイルス感染対策として
1)1回あたりの参加人数の縮小
2)換気の徹底
3)参加者全員で現場での昼食タイム中止

*新型コロナウイルスの感染状況による各種変更がある場合には参加者に別途ご連絡いたします。
*状況によりWSの内容が変更する場合があります。
場所 住所:〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目4-9ナゴヤビル203号室
地図:https://goo.gl/maps/3uCRV2zB4NMpm6597
電車1:地下鉄「高岳駅」より徒歩4分
電車2:地下鉄「新栄町駅」より徒歩6分
*駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください。
集合 直接現地
定員 各回10名程度
持物 ・汚れても良い服、室内靴
・マスク

オフィス

「ひとりひとりに豊かな暮らしを」をコンセプトに、シングルマザーなど困難を抱える女性のくらしをサポートをしている、LivEQuality HUB(リブクオリティ・ハブ/現在NPO法人申請中)。

 

住まいは、生活の基盤。安心する住まいがあって、くらしの豊かさが生まれる。親子であたたかいご飯を食べながら、会話する時間が生まれる。こどもが勉強する時間が生まれる。友人を呼んで、おしゃべりを楽しむことができる。ひとりで落ち着いて考えることができる。明るく「いってきます」「ただいま」と言える。

 

そんな日常の豊かさが、複雑な社会保障制度・地域のつながりの減少・金融資本主義・偏見のまん延などの影響で、受けることのできない方たちがいます。

 

LivEQuality HUBは、様々な事情によって住まい探しに困難を抱えている女性に対し、住まいを通して一息つく余裕を。さらに、地域のハブとなり、次の挑戦を応援する仲間とつながる機会を提供しています。

 

今回ともにつくるのは、地下鉄「高岳駅」から徒歩4分の場所にできる、LivEQuality HUBの新拠点。そこは、フラットで開放的。堅苦しくない床に座るスタイルで、人と人が同じ目線で想いを伝えあい、アイデアを引き出し合える。多様な人の多様な考えが重なりあう。みなさんとともに、そんな場にしていけたらうれしいです。

 

「関わってくれている人の充実感こそが大切」という価値観のもと、参加者同士が協力しながら空間をつくるDIT(Do It Together)ワークショップで、そのスタートを切ることなりました。これから始まる新たな拠点の第一歩に、あなたのご参加をお待ちしています。

 


*WSはKUMIKIPROJECTが定める「コロナウイルス感染症対策独自ガイドライン」に沿って実施します。

 

主催:LivEQuality HUB ✕ KUMIKI PROJECT

執筆:鈴木愛


POINT

木の温もりを感じ
心落ち着く空間に

ボーダ

大きな家具は木工造作でつくり、床を国産杉のタイルにすることで、木のあたたかみを感じるホッとできる空間に。その他の家具も淡いアースカラーでまとめ、シンプルでゆっくり時間が流れる落ち着ける場所となります。

特に、杉でできたタイル(写真)を床に敷くと、感触が柔らかくなるので座るスタイルの空間にぴったり!完成したら、ほんのりと温かくてやさしい杉の風合いを楽しんでみてくださいね♪

初心者大歓迎!
DITワークショップ

ボーダ

今回のWSでは、床ハリと木工造作・漆喰塗りを中心に行います。

収納ベンチ、移動できる本棚なパーテーション、ハイカウンターやデスクなどの大きな家具もつくります!みなさんで声を掛け合い、協力しながら組み立てましょう!

床にぴったりおさまるように床材のカットをしたり、家具のビスを打ったりと、本格的な電動工具も使いますが、インストラクターのレクチャーがありますので、初心者の方も安心してご参加いただけます◎

汚れても良い服装で、ぜひ思う存分DITをお楽しみください♪

困難を抱える女性の
くらしをサポートしたい

ボーダ

離婚したとき、避難したとき、失業したとき・・・
大きく環境が変わるとき、行政サービスや弁護士等専門家、不動産会社、NPOなど、様々な人の助けを借りる必要があります。
しかし、その情報は分かりづらく、情報を上手く説明できず、必要なサポートにアクセスすることすらできずに、結果としてさらに厳しい状況に陥る方がいらっしゃいます。また、住まいを見つけた後も、生活の変化に合わせて様々な人たちと関わっていくことが大切です。

新拠点では、シングルマザーなど困難を抱える女性に必要な情報・人がつながるお手伝いができるような、セミナーや個別相談なども行っていく予定です。SNSで最新情報を更新していますので、ぜひご覧ください。

▼\無料相談受付中!/ライン相談窓口
▼\お役立ち情報発信中!/公式ツイッター

購入・寄付でサポートする

s
一覧に戻る
  • 前へ
  • 次へ
PAGE TOP