ナビ
ナビ

Copyright© 2016 KUMIKI PROJECT All Right Reserved.

PROJECTS

みんなでともにつくるプロジェクト

そうだ、森にいこう。
家具職人といく小さな森の旅

¥11,000(税込)

・現地までの交通費別途(電車往復3,560円)
・1泊4食付
・ 車で来られる場合は、直接旅館までお越しください。
・お子様は5000円/人になります。

日時 日時:2016年6月25日(土)〜26日(日)(1泊2日)
場所 宿泊:山荘・水之元
集合 集合:9:51 富士急行線「都留市駅」改札前
08:14 新宿発「ホリデー快速富士山1号 [河口湖行き]」
09:51 富士急行線「都留市駅」着

解散:15:45 富士急行線「都留市駅」改札前発
16:34 ホリデー快速富士山2号 [新宿行き]
18:04 新宿着

ホリデー快速について
自由席と指定席がございます。
自由席は普通乗車券で乗車可能です。
定員 定員:10名(最少催行人数:2名) 
持物 持物:汚れても良い服装、靴、タオル、着替えなど

お店

山梨県道志村。横浜の水源地でもある緑豊かなこの土地で、子どもから大人までが森で遊べる「みんなの遊び場をつくりたい」という夢が始まりました。KUMIKI PROJECTの湊哲一(みなとのりかず)ともうします。もともと僕はKUMIKI PROJECTで「ともにつくるを楽しむ人をふやす」という活動以外にも、横浜の青葉台で注文家具屋「ミナトファニチャー」を10年以上やってきました。そんな中で出会った山梨県道志村。広大な森のフィールドに、製材などの設備もあるものの、もう少しみんなが訪れてくれるワクワクスポットにできないか?という相談を受けて、まずは現地を見に行き、森に触れ、人の想いに触れ、できることを考える、そんな時間を過ごせればと思っています。「小屋をつくりたい」「ものづくりの拠点がほしい」「山を遊び場にしたい。」いろいろなことができる可能性があるこの道志村で、地元の方の想いも聞きながら、実際に土地を歩き、みんなが大好きになる「森の遊び場」を考えていく小さな旅を企画してみました。


主催:KUMIKI PROJECT(湊 哲一)

POINT

森の空気を浴びながら
身体動かす間伐体験

ボーダ

山中湖駅集合に集合したら、まずは宿泊場所でもある「山荘・水之元」にチェックイン。午後からは、森の空気でリフレッシュできる間伐体験ワークショップを開催します。夕食後の懇親会では、地元の森に関わるシゴトに取り組む人たちにも参加してもらい、みんなでお話しを聞いたり、想いを話したり。森づくしの1日目。

製材所見学から
地元材でのお箸づくり

ボーダ

2日目は社会見学からスタート。普段、馴染みのない製材所の現場を見学できるほか、道志村の木材を使ったお箸づくりワークショップにもチャレンジできます。山から切られた木材が、どのような過程を経て、暮らしに届くのか。森と暮らしをつなぐ一連の流れを体感していただければ嬉しいです。

家具職人がガイド
ワクワクをDIYする旅

ボーダ

今回は1泊2日の小さい旅。まずは道志村を見て、妄想を膨らませるのが大きな目的ですが、今後はこの舞台を活用してできることをたくさん考え、自分たちの手でDIYしていければと思っています。あったらいいなと思うものを一緒に考え、一緒につくっていきたいと思ってくれる方にぜひ、ご参加いただければ嬉しいです。

購入・寄付でサポートする

s
一覧に戻る
  • 前へ
  • 次へ
PAGE TOP